怒りの英語表現をレベル別でご紹介!レベル普通編10選

英語 怒り 表現フレーズ

前回に引き続き、今回は怒りレベル普通10選をより抜いてご紹介いたします。
怒りの英語表現をレベル別でご紹介!レベルMAX編 主要7選

英語 怒り 表現

怒りレベル普通

I’m fine.

意味:別に

こちらはイントネーションが大きく意味を左右します。

「I’m fine.」は状況やイントネーションに応じて様々な解釈が可能です。

経験から言ってポジティブなニュアンス5割、ネガティブなニュアンス5割といった感じ。


怒っている場合の会話例

SImon: Hey, what’s going on? You look angry.
(ねえどうしたの?怒ってるみたい。)
John: I’m fine.
(別に。)

ここでの「I’m fine.」は実際は怒ってるけど怒ってるとは言いたくない、察してくれといった空気感です。
みなさん言った経験も言われた経験もあると思います。笑

ここでの発音は「アイム フォァーーーーイン!」ぐらいの感じです。


He’s angry.

意味:彼、怒ってるね


ネイティブは自分自身の怒りに対してあまり「I’m angry.」とは言いません。

相手の怒りを感じ取って「あいつ怒ってるな。」という状況で使います。



※「I’m angry.」を使う場合、「I’m angry with/at ○○」「私は○○に対して怒っている」と、理由を加えて使用することが多いです。


ちなみに、withとatの違いは、

I’m angry with + 人
I’m angry at + 状況
となります。
☆この方程式は後述している「frustrate」「annoy」「irritate」等でも成り立ちますので、活用してみてくださいね。 

・He’s very angry that you’re being late, so you need to hurry up!
(あなたが遅刻してるから彼めちゃめちゃ怒ってるよ、急いだほうがいいよ!)
・I’m angry with you.
(あなたに腹を立てている)
・I’m angry at your insensitive words.
(あなたの無神経な発言に怒っています)

英語 怒り 表現



I’m frustrated.

意味:(自分自身に対して)イライラする

上手くいかない状況や自分の思い通りに事が進まなくてイライラしている状況です。

ニュアンスとしては、できない・達成できない自分に対しての悔しさが入り混じったイライラといった感じ。

私はいつも家事と自分のプライベート時間のバランスを上手く取れずにイライラしてしまうのですが、まさにこの「I’m frustrated.」がぴったりな表現だと感じます。
 
・I’m so frustrated that I couldn’t pass the examination in time.
(時間通りに試験を終えることができなくて悔しい)
・I’m getting frustrated by not being myself.
(自分自身でいることができなくてイライラしているの) 




I’m annoyed

意味:イライラする、ウザイ(と感じる)


何か煩わしい事が目の前にある状況です。

受身形ですので、自分自身が何らかの原因によってイライラさせられているイメージです。


また、それ自身がイライラの原因となっている場合は受身形ではなく、「It’s annoying.」を使用します。
例えば夏に蚊が耳の周りを飛んでいて煩かったり、興味のないパーティーへの誘いがしつこかったりした時は、人・物に対して「It’s annoying!(ウザイ!/めんどくさい!)」いった感じで使います。

・I’m so annoyed at his attitude.
(彼の態度はかなりウザい)
・Everyone hates her because she is super annoying.
(彼女は相当ウザいのでみんなに嫌われている)




I’m irritated.

意味:イライラする


こちらの意味も「I’m annoyed.」と同様にイライラするですが、イライラ度は「I’m irritated.」の方がかなり高いく、単語的にも強い表現です。
ニュアンスもだいたい同じですが、「irritate」の方が強い怒りを含みます

長時間待たされたり、都合の悪い出来事が連続して起こった場合などで使用されます。

・I’m so irritated!
(めっちゃムカつく!)
・Why is he so irritated today?
(なんで今日彼はあんなにイライラして(怒って)いるの?)
・I was much irritated when the staff made me wait for two hours.
(あのスタッフに2時間待たされてめちゃくちゃイライラした)




I’m offended.

オーストラリア人の旦那 英語 勘違い

意味:気分を害した、傷ついた


「offend」のみで「不快感を与える」「感情を害する」という意味になります。

他人の言動や行動によって自分の感情を害されたり、怒ったりする時に受身形で用いられます。


相手に悪気はなかったとしても、こちら側が不快な気分になったり、相手の言動などがある意味攻撃的だなと感じたら、「I’m offended.」が最適なフレーズです。

・She was so offended.
(彼女はとても傷ついた)
・I was offended by your bad jokes.
(あなたの質の悪いジョークに気分を害された)
・I’m sorry if I offended you.
(もし気分を害したならごめんなさい)
・I didn’t mean to offend you
(気分を害するつもりはなかったんだ)




I’m mad at you.

意味:怒ってるよ

「mad」は「発狂する」という意味もあるくらいですから、「angry」よりやや怒り度は高く、「angry」が幾分か冷静に腹を立てているイメージなのに対して、「mad」は目に見えて怒っていて、その怒りを隠していないようなイメージです。

また、「mad」は不機嫌程度の怒りでは使用されません。

・I’m mad at him.
(私は彼に怒っている)
・Don’t make me mad.
(私を怒らせないで)
・What makes you so mad?
(何があなたをそんなに怒らせてるの?)




It gets on my nerves.

意味:あいつカンに触る、キレそう!


「nerve」は神経を意味しています。
また、「get on one’s nerves」は熟語で「○○の神経にさわる」という意味になります。

自分の神経を逆撫でするような人・態度・環境などが原因でムカついたり、イライラする時に使用されます。
特に、相手から執拗に不愉快な態度をとられたり、イライラする状況が繰り返し続いて我慢できないような場合によく用いられます。

・The neighbor next door always makes too much noise at midnight. It gets me nerves.
(隣の部屋の住人がいつも夜中に騒音を立てているのがひどく癪にさわる)
・Why are you eating so slowly? It gets on my nerves.
(なんでそんなにゆっくり食べてるの?イライラする)

英語 怒り 表現




Are you kidding me?

意味:バカにしてんの?/冗談でしょ?/マジ?


こちらはかなり口語的な表現になり、トーンや文脈、シチュエーションなどによってニュアンスが変わってきます。

怒りのニュアンスが含まれる意味は「バカにしてんの?」になりますが、怒り度はそこまで高くはありませんが低いということもありません。笑


※「冗談でしょ?」「マジ?」に関しては、目の前で怒っている現実が信じられない!驚愕の真実!というポジティブでもネガティブなシチュエーションでも使うことができます。

・Did you call me fat? Are you kidding me?
(私こと太ってるって言った?バカにしてんの?)
・Are you kidding me? Do you think that I can’t answer the easy question?
(バカにしてんの?そんな簡単な質問にも答えられないと思ってんの?)




I’m cranky.

意味:いま機嫌悪いんで/別に(怒)


「cranky」は「不機嫌な」「怒りっぽい」「気難しい」という意味の形容詞になります。

「怒り」というよりは、子供や赤ちゃんがご機嫌ななめだったり、気持ちが逆立っているような苛立ちだったり、気分にムラがある不機嫌さを表現しています。

・He tends to get cranky.
(彼は不機嫌になりがちだ)
・I’m feeling a little cranky.
(今ちょっと機嫌悪い)
・My sister’s baby is in a cranky mood today.
(私の妹の赤ちゃんは今日は機嫌が悪い)

コメント

タイトルとURLをコピーしました