【日本人のありがち英語NG集】危険で失礼な英語表現を正解付きで解説

NG表現フレーズ

我々日本人がよく使っているあのフレーズ。

実はネイティブスピーカーからするととんでもなく失礼にあたってしまったり、もはや誰も使っていないくらい古かったり、ということがあります。

気づかず失礼になる前に、こちらのNGフレーズを見ておかしな英語を話す日本人のレッテルを貼られるのを防ぎましょう!

How are you?

How are you?

英語を習うときに一番最初に目にする表現ですが、ネイティブスピーカーで使う人はあまりいません

日本人同士でも親しい間柄の人物に会った時に「お元気ですか?/ご機嫌いかがですか?」とは聞かないですよね。それと一緒です。

ただ、かなりかしこまった場面やオフィシャルな場面で使用するネイティブスピーカーもいます。

普段の生活の中で気軽に「元気?」と聞くなら下記をよく使います。

よく使われるカジュアルな表現

How are you doing? (元気してる?)

How’s it going?(最近どう?)

How have you been?(最近どう?)

What’s going on?(最近どう?)

What’s up?(元気?)

What’s new?(何か(新しいこと)あった?)


これらは「元気?」「最近どう?」みたいなニュアンスで聞かれますが、きちんと答えなくてはいけない!なんていう義務はありません。



現にネイティブ同士で、

A:Hey! What’s up!
(おっす)
B:Yeah, How’s it going?
(おーう、おっす)

のようなやり取りをしているのをよく見かけます。

何か本当に言いたいことや報告があれば自分から言いますし、特にない場合は「答えない」「質問返し」でも「気にしてない」なぜならそれは質問ではなくあいさつのようなものだからです。


I’m fine and you?

こちらも「How are you?」に対する返答として教科書でよく目にしますが、あまり使われていません

日本語での意味は「元気です。あなたは?」ですが、英語では言い方によっては「別に」「普通」と聞こえてしまったり、自分が本当に「元気だよ!」という時には違う表現を用います。



How are you doing? 自然な返し方

I’m good.(元気だよ)

I’m pretty good.(元気だよ)
※prettyを使っていても特にめっちゃ元気!とは限らない。

I’m great.((普通に)元気だよ)

I’m prefect.((まあまあ)元気だよ)


また、「and you?」も聞き慣れない表現です。こちらは「and you?」ではなく、

「How about you?(あなたはどうですか?)」を使った方が自然です。

また、「How are you doing?」と繰り返して聞くのもアリです。




What is your job?

what's your job?失礼

直訳では「あなたの仕事はなんですか?」で、日本語としては全く違和感がありませんよね。


ただし、英語でこちらのフレーズを使うと全くニュアンスが変わってきます


初対面の人に「あなたの仕事は何?詳しく説明せよ。」と言っているようなものです。

少し誇張しましたが、かなり上から目線な印象になります


そして答える側も、自分の仕事に対してかなり詳細な情報を求められていると受け取ります。

無職の人や専業主婦の方(専業主婦は立派な職業ですが)にこちらを質問すると、かなり気まずい空気に身を置くことになるでしょう。



「What do you do?」が正解

直訳は「あなたは何をしていますか?」ですが、こちらが英語で職業を聞く時の一般的な表現です。

詳しく答える必要はありません。もちろん詳しく答えてもOKです。

例文①

What do you do?(ご職業って何されてるの?)

I work in a real estate business.(不動産業界で働いてるんですよ。)


例文②

What do you do?(ご職業って何ですか?)

Um, I work in New York.(ニューヨークで働いているんだ。)

この答え方は、自分の職業を知られたくない時に使う上手い逃げ方です


例文③

What do you do?(お仕事って何ですか?)

Nothing at the moment. I’m between jobs.(今は何も。休職中なんですよ。)





Do you understand?

Do you understand? 失礼

直訳で「理解していますか?」ですが、そのままこちらを使用するのはかなり失礼にあたる要注意な表現です


大人が子供を叱る時に言う「本当にわかってるの?」という場面や、私の説明に非はないといわんばかりの「私の話にちゃんとついて来れてるの?」といったニュアンスを含むため、

「理解していますか?」という意味合いで使ったとしても、かなり尊大な態度をとっていると勘違いされてしまいます。



Dose it make sense?が正解

「Make sense」の意味は、「意味がわかる/理にかなっている/筋が通っている


ネイティブは様々な場面で「make sense」を使いこなしており、「Dose it make sense?」「大丈夫かな?私の言ったこと筋が通ってる?」という確認を兼ねた問いかけになります。


他の類似表現

Do you know what I mean?(言ってる意味わかるかな?)

Am I making sense to you? 「Dose it make sense?」とほぼ同じ意味です。

Any questions?(ご質問ありますか?)





I don’t know.

I don't know.失礼

もう何万回と日本人の方がこちらを突発的に使っているのを耳にしましたが、一番使い慣れているし、親しみやすい表現なのかもしれません。


ですが!

「I don’t know」は「知るかよ」「どうでもいい」のような少し攻撃的で素っ気ない印象または自分はバカだ(特にビジネスで)といっているような印象を相手に与えてしまいかねません。



「知りません/わかりません」自然な言い方

I’m not sure.(確かではないなぁ)

I can’t be certain.(ちょっとわからないなぁ)

I have no idea.(まったくわからないです)





with my friend(s).

直訳は「私の友達と一緒に」ですが、これを友達の前で言ってしまうと「えっ!それじゃ私は友達じゃないの!」と勘違いされてしまいます


「with my friend(s)」の印象としては、「私のたった一人の友達/私の友達たち(それ以外は友達ではない)」になってしまいます。


初対面の人や友達ではない知り合い程度の人にはこちらの表現でOKですが、友達の前で言うのはやめましょう。



「a friend of mine」が正解

こちらですと、「私の友達のうちのひとり」となりますので、友達との関係がおかしくなることはありません。




Please sit down.

Please sit down. 失礼

こちらは「Please」はついてはいますが、かなり強めに命令しているような言い方になり、「自分は座らなければならない」のような印象を相手に与えてしまいます。


例えば、上司が部下にクビを宣告する際や、警察官が、ある人物が交通事故で亡くなってしまった知らせをその家族に知らせるような場面で「座ってください。」という風に使います。




「Please have a seat.」が正解

こちらだと「どうぞおかけください」といった柔らかいニュアンスになり、全方向の場面で対応可能になります。




What?

何かを聞き返すときに「なに!?」と言っているようなものです。


短すぎる上にかなり失礼です。さらに、きちんとした教育を受けていない人物だとみなされてしまいます



正しい表現

Pardon?(もう1度よろしいですか)

What was that?(なんて言ったんですか?)

Sorry, could you say that again, please?(もう1度言っていただけますか)

Do you mind saying that one more time?(もう1度言っていただけますか)

I’m sorry I didn’t quite catch that.(すみません、よく聞き取れませんでした)






Yes./No.

こちらは、かなり日本の方が無意識に答えているような気がします。

意図せず失礼になってしまっている、なんて状況は避けたいものですよね。


まず、返事が短すぎます。そして、あなたとの会話にはいっさい興味がないですよと暗に言っているのと同じですので、何か聞かれた際にはYes/Noプラス説明や理由などを付け加えると良いでしょう




いかがでしたか?日本語では問題なくても、英語だとニュアンスや伝え方で一歩間違えれば関係にひびが入ることもあり得ます。みなさま、今回ご紹介した表現に注意して素敵な英語ライフをお送りください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました